気づけばツール漬け

3D,2Dのツールを色々使ってみた記録を書いていきたいです。

UNI作ってみた

 

f:id:mi-zmix:20150329182759p:plain

■ごぶさたしております。
このたび、芹沢えののさん「ゆによん」でおなじみの、UNIをモデル化してみました。

このアセットでは、Unityちゃんのアセットに含まれる、テクスチャ、シェーダー、スクリプトなど流用しました。このため、ガイドラインに従って、Unityちゃんライセンスのフォルダも、パッケージに含めています。

アニメーションや、ブレンドシェイプ(表情)の設定は、unity4.6.4で行い、パッケージ化しました。

unity5では、Animatorのトランジションが切れていたりしたので、
念のため、unity5でパッケージ化したものも用意しました。*1

 

ユニティちゃんライセンス

このアセットは、『ユニティちゃんライセンス』で提供されています。このアセットをご利用される場合は、『キャラクター利用のガイドライン』も併せてご確認ください。

 ※リンク先を更新したパッケージに変更しました。

 ■uni_model : unitypackageダウンロード

 ■uni_model_for5: unitypackageダウンロード

 

unityちゃん、SD_unityちゃんと一緒に使っても問題はないと思います。

 ■UNIモデルについて

  • SD_Unityちゃんのサイズに合わせて調整してます。*2
  • 原点が体?の真ん中にあるため、プレハブを0,0,0の位置にすると地面に埋まっていると思います。
  • 高さは利用方法次第だと思うので、Y軸で大きく移動するようなアニメーションは入れていません。このためジャンプはありません。
  • 目と口とアセット時空入り口に、ロケーターを仕込んでいます。エフェクト用に使えるといいかなと。
  • f:id:mi-zmix:20150329185811p:plain

  • パッケージ内では、Unityちゃんのスキンシェーダを適用してみました。
  • ノーマルマップは使ってません。*3

■予定

  • ポリゴン数が4000ほどあります……多いので、アセット時空を塞いだりして、ポリゴンを減らしたバージョンも用意しようかと思っています。

 

モデリング作業では、MayaLTの他、3Dcoatを使ってみました。リトポとUV展開がすごく楽でした。

その辺も、またの機会で書ければなと思います。

f:id:mi-zmix:20150329192158p:plain

この SD_unityちゃんの表情設定はこんな感じ

f:id:mi-zmix:20150329192243p:plain

 

*1:Animatorのトランジションの部分だけ変更しました。

*2:そもそも某こころぴょんぴょんなアイツのように、頭にのせてみたいと思ったのが始まり

*3:特に、なくてもいいかなと