気づけばツール漬け

3D,2Dのツールを色々使ってみた記録を書いていきたいです。

NewゆかたCloth対応のこはくちゃんズ

f:id:mi-zmix:20180811202424p:plain

 

はじめに

前回こちらから配布した「ゆかたこはくちゃんズ」をもとに、下半身の部分をClothにしてみました。

ダウンロード

前回配布したパッケージ内容と大半はダブっているのですが、別のパッケージとしました。
TPKのユニティちゃんの元のモデルがあったほうがいいかもしれません。
公式サイトはこちら

UNITY-CHAN! OFFICIAL WEBSITE


このゆかたモデルを元にした改変もOKです。ユニティちゃんライセンスの範囲内でお願いします。

この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています

 

www.dropbox.com
※「VRチャット」で使用すると重い予感がします。

※Clothの設定など、好きにいじってもらって構いません。
※メッシュの密度を上げられれば(ポリゴン増える)見栄えも変わるかもしれません。

 

データについて

Unity5.6.3f1でパッケージにしました。

もとのFBXとは別にして、Cloth用に下半身のポリゴンわりをできるだけ均一にしたので、前回のものよりもポリゴン数は少し減っています。
ウェイトをHipとSpine以外消去したので、裾用で設定していたジョイントは削除しました。下半身はシンプルになっています。
タイトなシルエットなので、コライダはギリギリの形を探りました。

Clothの設定は以下のような感じです。
Hipと足首にカプセルコライダを設定し、脚はスフィアを2個ずつおいてます。

f:id:mi-zmix:20180811202737p:plain

Solver Frequencyの値を240にすることでダンスモーションでも、あるていど形を保てるようになっています。激しい動きをしなければ、120にしても大丈夫かもしれません。60程度だと、普通に歩くだけでやばいと思います。

太ももを高く上げるような動きをすると、お尻の後ろにClothが全部かたよってしまい、二度と形が戻らなくなるので注意しましょう。(腰と太もものコライダの隙間に入り込む感じになるので、コライダの形を調整すればなんとかなるかもしれません)
ユニティちゃんトゥーンシェーダー2.0で、カリングOFFの両面表示にしていますが、これのおかげで粗が目立たなくなっている気がします。
片面表示にすると、つきぬける裏面がみえてしまうので残念な感じになります……。

テクスチャについて

UVの画像だけZipにしました。
下半身用のUVが少し変わった程度で、その他は前回配布したものと変わっていません。
あと、2014年モデルのテクスチャのPSDファイルも発掘したので、そちらも入れておきました。

おわりに

浴衣の正しい構造とくらべると、衽(おくみ)の幅がほぼ無いので、足が見えすぎるくらいみえちゃうのですが、このあたりはフィクションとしてご容赦いただきたく……
ほんとはこんなにぴらぴらしませんし、足見せちゃだめですy。
(といいつつも、昔の和服があたりまえだったころの小娘さんとか、裾を膝上まで引っ張り上げてキャッキャ言ってたんじゃないかと考えてみれば、これでも良いかなと思いつつ。まあ、ユニティちゃんならやりそう)
とりあえず、Clothがわかってきたので自分としては良かったです。

f:id:mi-zmix:20180811203312p:plain